俺のBGM

曲名:「蒼い雨(Aoiame)」
Copyright(C)AI&LUNA
All rights reserved.
俺のカウンター
2007.6.18より
お客様総合計
昨日-本日
CALENDAR
sun mon tue wed thu fri sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2007/06  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
LINK
POWERED BY
Script by BLOGN+
Skin by 700km
OTHER
SEARCH THIS SITE

茜色の別れ



夕方でもなく、そして夜でもない
紅い湖に黒い絵の具を一滴落としたような、、
そんな茜色の空の下…


何度も何度も君は振り向いた。。。

アーモンドの中に潜む茶褐色のその瞳を少し潤ませたまま…
空気の粒子を確かめるように目を細めながら…
まるでボクとの最後の別れを惜しむかのように…

何度も何度も君は振り向いた。。。

そしてボクは坂道に車を止めたまま、
茜色に染まった君に何度も何度も手を振ったんだ。。。


それはまだ夕方でもなく、夜でもなく、、
紅い湖に黒い絵の具を一滴落としたような…

 ―いつだったか忘れたけど…ほんの数秒の
      茜色の物語だった―




馬鹿だよ…たった3日会えないだけなのにね…

|日記 | comments (0) | trackback (x)|

君が泣いた… 



君が泣いた…
大きな瞳をくるくる転がしながら…君が泣いた。。。

風がやんだ…
川のほとりの大きな銀杏のそばで…風がやんだ。。。

時を食べた…
味気ないだろうからとパクチーをトッピングして…時を食べた。

君が落ちた…
小さな肩を震わせてうつむいたまま…君が落ちた。。

ボクが笑った…
言い過ぎたかも知れないって、おどけて見せて…ボクが笑った。。。

星が降った…
パヒュームに彩られた君のしなやかな髪に…星が降った。。

君がまた泣いた…
大きな瞳をくるくる転がしながら…君がまた泣いた。。。

だけど、、あきらかにさっきとは違う視界の中で、
さっきとは違う色の涙を、君は泣き笑いの後、
唇を高く尖らせてやっぱり大きな瞳からぽろぽろとこぼし続けた。。。

そして……川面を流れる夜風とシンクロするように、、



安心した君が、、

君が笑った…。



|日記 | comments (0) | trackback (x)|

舵の微調整



伊王島が見えた。

高いマストを従えた船がはるか遠くを望む。。

対照的にコバルトクィーンは、着岸の準備にとその速度を緩めはじめていた。

ゆるやかな時間に身を任せたまま、ボクは湯中にダイブし深い深呼吸をした。
よし!また今日から頑張ろう!あゆみにへの字されたり、ゆりにプンプンされながらも頑張るどぉぉ(笑)
トロン温泉から見る夕景はとてもまぶしく、さっきから流しっぱなしの40℃程に設定されたコックの壊れたシャワーは、ボクの体と心の汗を、薄毛と共にすっかり洗い流してくれたんだ。。

そして…ボクはまたその準備をはじめようとしていた…

ほんの少しの進路変更のため水平尾翼の微調整と、
更に遠くに飛び立てるための主翼を、、磨くためのね…


|日記 | comments (2) | trackback (x)|