俺のBGM

曲名:「蒼い雨(Aoiame)」
Copyright(C)AI&LUNA
All rights reserved.
俺のカウンター
2007.6.18より
お客様総合計
昨日-本日
CALENDAR
sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
<<  2011/02  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
LINK
POWERED BY
Script by BLOGN+
Skin by 700km
OTHER
SEARCH THIS SITE

神々の話


神様の父アキラがきれいな川で身体や心を清め、左の目を洗うとアイミ様がうまれました。
次に右の目を洗うとダイスケが生まれました。
次に鼻を洗うとシンヤが生まれました。

アキラはアイミ様に太陽が支配するこの全ての高天原の世界を託し
ダイスケに月の支配する夜の世界を託し
シンヤに海の世界を託しました。

太陽の神となったアイミ様が天から世の中を見渡すと、なんとも荒れて騒がしい状態の国がありました。
高天原を支配するアイミ様は、これじゃいけないと自分の使いのニキータにその国を支配するべく出向かせました。

出雲にいたその国を支配していたトモに
使いのニキータは
荒れすぎてるじゃん。アイミ様にこの国をもらってきなさいって言われたんやけど、、どう?』と聞きました。

トモは、
マジ?びっくりする!でもアイミ様が言うなら仕方んなか、、あとは俺の子供たちに聞いてよ』と答えました。

ニキータはトモの一人目の子供トモミを探して尋ねたところ
トモミは『どうぞどうぞ』そう言って海に身を隠しました。
ニキータはトモのもう一人の子供である力自慢、喧嘩自慢で有名だったツヨシに尋ねました。
ツヨシは『ふざくんな!ケンカして決めようで』とニキータを挑発し喧嘩しました。

だけど、あっという間にツヨシはアイミ様の使いのニキータに投げ飛ばされ、信濃の諏訪湖のほとりまで逃げていきました。
追いつめられたツヨシは『ごめん、この地から離れんけん、ごめん、命だけは助けて!』と命乞いをしました。
ニキータは『わかった、なら動くなよ。また偉そうにウロウロしたらくらすっけんな!』と言って許しました。

一方、国を取られそうなトモは
マジ?負けたと?ならこの国は譲るさ。でも、おいが安心して永住できる大きな宮殿ば建ててほしか。
そしたら絶対そこからでらんけん


報告を受けたアイミ様はトモのために出雲の国に大きな宮殿を建てて住まわせました。

そしてニキータの使命は終わりました。
                   
                        終わり。



つまりニキータは【タケミカヅチノ神】で小江町にある鹿島神社の神。
ツヨシは【タケミナカタノ神】であの諏訪神社の神。
トモは【オオクニヌシノ神】で桜町にある出雲大社長崎分院の神。

そしてアイミ様は【アマテラスノオオミカミ】で澪の隣の伊勢神宮の神です。

そうです。伊勢神宮は格が違うのですよ。

アイミ様は太陽の支配するこの天界全ての女神だったのですから。
全ての願いをかなえる力を持ってます。

それと、、諏訪神社は女の神様だから縁切りだ、、という都市伝説ももちろん嘘です。
諏訪神社の神は、逃げて命乞いをした力自慢のれっきとした男性なのですから。。
正式に言えば【ヤサカトメノカミ】と言う妻と一緒にいるので夫婦の神なのです。
縁切りなわけがありません。
ただ、ぼくが思うに、、諏訪神社に必勝祈願をするくらいなら、伊勢神宮はもちろん、
もしくは直接勝った鹿島神社に祈願した方がよさそうな(笑)

そして、神社ごとに神様が違うのでその意味合いも変わってきます。
何を願いたいか、、を決めたらその願いに合う神様がいる神社に行くことです。

そして願いをかなえたいなら二つだけ守って下さい。
一つは必ず、祈願の前に住所、氏名を名乗ること!
もう一つは、祈願の前に感謝をすることです。感謝8、祈願2が基本です。

みんなに幸あれ、、アキラにも。。。


|日記 | comments (0) | trackback (x)|